大豆ミール
大豆ミール
6 月 27, 2016
MCP
MCP 22%
6 月 28, 2016

コリン塩化物液

コリン塩化物液

コリン塩化物液

コリン塩化物液

[関数] 1).掘削液の阻害剤を膨張頁岩として使用します。 , 完了流体, 改修流体,頁岩から拡張と水和反応を防ぐために, 坑壁不安定性を提供します。.

2).としてを使用します。 飼料添加物,コリン, ビタミン B4 として知られています。, 水溶性ビタミンは、します。. レシチンの essentialcomponent です。 . 栄養物および動物の成長にとって非常に重要だと . Younganimals を合成できないので 塩化コリン 自体,だから、必要なコリンは、飼料から取られるべき.

製品名 コリン塩化物液
純度 70% 75%
外観 それは無色または薄い茶色の液体
PH 6.0-8.0
TMA 300ppm 最大
0.002 マックス
重い精神 0.00001 マックス
梱包 220~230Kgs/drum ;22000キログラム/フレキシ ;1100キログラム/IBC
ストレージ 涼しい乾燥した場所に保管し、直射日光を避ける
シェルフ ライフ 24ヶ月

13 コメント

  1. エボニック 言う:

    なぜ、コリン塩化物液 ( 飼料添加物 ) 大事な?

    • kangdali 販売 言う:

      At 作りと同時に生産だけでなく、パフォーマンス向上します。, 動物の福利と同様、健康とウェルネスを最大限にし、設定上のセクターの影響を最小限に抑えるために必要な業界.
      食品中から必要な, 場合は、動物の aditives を持っていません。, その後あなたの動物が取得しませんすべての栄養素のあなたのペットの必要性。.

      飼料原料の使用は、この成功を達成するための重要な部分をされている実際に.

      食材の栄養素と同様、繊維の多くを送る. , 得ない繊維とも栄養素をあなたのペット ペット要件動物は非常に病気得ることができる場合.
      .

  2. 封止技術 言う:

    なぜ塩化コリンを補完 ?

    • 補足の保護されていないコリンがその有効性を制限するルーメンにおける劣化高. コリンの一貫した量を有する, OptiPass コリンは、カプセル化されたフォームの腸の可用性を増加、脂肪肝症候群によって引き起こされる代謝性疾患の発生率を減らすことができますなど.

  3. コリンを明らかにします。 言う:

    コリン塩化物が生成される方法?

    • 管理者 言う:

      次のようにしている塩化コリンの生産のために必要な3つの基本的な原料があります。:

      1-トリメチル アミン (TMA)
      2-酸化エチレン (EO)
      3-塩酸 (HCl)

  4. 管理者 言う:

    コリンの塩化物を使用するときに行動する方法?

    • 管理者 言う:

      テーブル塩のような他の塩が追加されていないことを保証するために求める.
      常にプロデューサーから解析の元の証明書を要求します。.
      AgNO3 滴定のようなコリン特定テストを行う, ライネッケやイオンクロマトグラフィー品質を疑うとき?
      塩化物含有量は保証を求める 1:1 コリンとの関係.

  5. nrcresearchpress 言う:

    なぜルーメンは、塩化コリンが必要で保護されています?

  6. 管理者 言う:

    塩化コリンは、飼料添加物として不安定です?

    • 管理者 言う:

      コリン塩化物の安定性: 粉末または水を供給中で安定です, それはVAへの損傷を持っています, VD3, と, VKなど. これは、個別に追加する必要があります.
      力価: コリン塩化物の相対的活性は、同等です 87% コリンの, ので、 75% 塩化コリンの水剤であります 65.25%, と 50% 粉末であります 43.5%. ときメチオニン, VB12, 葉酸は、高エネルギー飼料又は飼料に不十分です, 供給を増やすべきです

  7. 管理 言う:

    What is the practical approach to choline supplementation?

    • 管理 言う:

      There are two approaches when it comes to deciding how to tackle the issue of choline supplementation. The first is to use a high level of choline supplementation in all diets, say adding 1,000 mg/kg in all broiler diets, と 500 mg/kg in all layer diets. This approach disregards any fluctuation in natural levels of choline either within or among cereal sources, and may also be warranted in case of using high levels of maize by-products. It is a one-size fits all approach that provides ease of mind, but at considerable expense (choline chloride is an expensive ingredient). The second approach is that of introducing choline as a nutrient that needs to be balanced on and monitored during formulation, taking into account the exact contributions of choline from natural ingredients. この目的を達成するために, choline chloride is handled as an independent nutrient and as such it is not part of the vitamin premix. このように, some formulas will require less or none choline compared with others.

      Choline is not a mystery, but considerable confusion arises when it comes to feed formulation for poultry. The questions above provide an insight why choline is essential for poultry, how much it is needed, why some diets require more choline than others, and finally, how to handle choline supplementation in practice. At the end of the day, choline is another nutrient with that requires special attention, and that only if least-cost feed formulation is the desired outcome.

メッセージを残してください